【初心者向け】ファクタリングの意味が簡単に分かる!仕組みとメリット・デメリットを合わせて解説

fakutaringu-urikakekin-genkinka

近年、資金調達手段の一つとしてファクタリングという言葉が急速に広まってきました。しかし、その意味を正確に理解している方は案外少ないのではないでしょうか。

ここでは、ファクタリングの意味や仕組みを簡単に理解できるよう解説します。

また、ファクタリングのメリットやデメリットも合わせてお伝えすることで、実際の利用の検討に役立てていただければと思います。

初心者の方にもなるべく分かりやすいように解説しますので、この機会にファクタリングについての知識を身に着けてはいかがでしょう。

ファクタリングの仕組みとは?融資とはどう違う?

冒頭でも少し触れましたが、ファクタリングは近年急速に広まってきた資金調達手段の一つです。

ファクタリングは専門の事業者の他、銀行などでも広く取り扱われています。

簡単に言ってしまえばファクタリングは「売掛債権を買い取ってもらうサービス」の事です。

そして、ファクタリングには大きく分けて2つあります。

  • 「売掛債権保有企業とファクタリング事業者」で行う2社間ファクタリング。
  • 「売掛債権保有企業とファクタリング事業者と売掛先企業」で行う3社間ファクタリング。

この2つです。

・2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングでは売掛債権保有企業とファクタリング事業者で取引を行います。売掛債権保有企業はファクタリング事業者と債権譲渡契約を結び、現金を受け取ります。後日、債務者から支払われた売掛金の代金をファクタリング事業者に支払う事で取引は終了となります。債務者にファクタリング事業者の存在は一切通知されませんが、手数料は高額となる傾向があります。契約は「売掛債権の買い取り契約」となりますので、実際に取引で動くのは現金のみとなります。

・3社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングに取引先(債務者)を加えたものが3社間ファクタリングとなります。債権者はファクタリング事業者・債務者双方と契約を結び、承諾を得る必要性があります。最終的に債務者がファクタリング事業者に対して売掛金を支払いますので、債権者に回収義務は発生しません。取引は少々複雑になりますが、その分2社間ファクタリングに比べて手数料が安くなります。

・売掛債権を理解しよう

ファクタリングの仕組みについて詳しく見ていく前に、まずは売掛債権について理解しましょう。

一般的に事業者同士での取引の場合、売上は現金ではなく売掛金を使用します。

この売掛金などの売掛債権は通常1か月~数か月先にお金を支払ってもらう権利の事です。

取引先にトラブルが無ければ、基本的に期日まで待っていれば現金(キャッシュ)は手元に入ってきます。

ですが、その期日まで待てないような事態が発生したり、何らかの理由で資金繰りが行き詰った場合などは、売掛債権の期日前に現金化したいという希望が出てくる場合もあるでしょう。

そのような資金調達を急ぎたいケースなどに売掛債権の売却というファクタリングが選ばれます。

・ファクタリングと手形割引の違い

上記のような状況で、融資などを利用できない場合ではファクタリングは大変有効な資金調達手段となります。

それでは、ファクタリングが他の資金調達手段と大きく異なるのはどのような点なのでしょうか。

売掛金を使用する資金調達手段としては、旧来より知られているのが手形割引です。

手形割引は手形(約束手形)を担保として融資を受けるものであり、債権を買い取るファクタリングとは大きく異なります。

また、融資を受ける手形と違いファクタリングはあくまで売掛債権の信頼性に重点が置かれますので、企業の財務状況が悪い場合でも取引を行える可能性が高いと言えます。

このため、ファクタリングと手形割引は「不渡リスク」と「審査条件」という2つの点で大きな違いがあると言えるでしょう。

ファクタリングの種類を理解しよう

そもそもファクタリングは手形の交付に変わる支払手段として考案されたものです。

このファクタリングには種類が4種類あります。

  • 「一括回収ファクタリング」
  • 「医療報酬債権ファクタリング」
  • 「保証ファクタリング」
  • 「国際ファクタリング」

一般的にファクタリングといえば、一括回収ファクタリングのことを指します。

例えばあなたが一般企業の経営者や個人事業主であれば、一括回収ファクタリングの利用を検討することになります。

その他の種類は、興味があれば調べるのが良いと思いますが、関わりのない部分にあえて時間を割く必要もないかもしれません。

ファクタリングの主なメリット

ファクタリングを利用するメリットは以下となります。

取り扱っている金融機関・事業者、2社間・3社間で多少異なりますがここではファクタリング全般のメリットをご紹介しましょう。

・スピーディな資金調達が出来る

銀行の融資を受ける場合、申し込みから審査終了まで一般的に2週間ほどの期間がかかると言われています。

消費者金融やビジネスローンなどには最短即日融資を謳うものも多いのですが、銀行に続いて近年は審査を厳格化する傾向があり融資までの時間も伸びつつあります。

対して、ファクタリングは債権譲渡契約さえ結ぶ事が出来ればすぐに現金を入手する事が出来ます。

ファクタリングは融資では無く、売掛債権を現金化するサービスという点がスピーディな資金調達のポイントなのです。

ファクタリング会社によって異なりますが、早ければ即日から翌日、または数日間のうちに現金化できます。

・審査に通過しやすい

ファクタリングは融資ではないため担保や保証人は必要なく、税金の滞納や借金があっても審査に通過する可能性が高いと言えます。

最も重要なのは売掛債権の信頼性であり、ファクタリング事業者は「買い取った売掛債権の金額を回収できるか」という点を重視します。

もちろん、会社の実態等はしっかり調査が行われますが「融資などと比較して資金調達が行いやすい」と言えます。

・返済、利息などは必要なし

2社間ファクタリングでは債権者が回収した売掛金をファクタリング事業者へ支払います。

3社間ファクタリングでは債務者が直接ファクタリング事業者に支払いを行います。

形式上は融資のようにも思えますが、あくまで「売掛金を後で支払いますよ」という債権譲渡契約を元にしているためファクタリングは借金ではありません。

このため返済、利息などは必要なく取引も比較的短期間で終了するというメリットを持っています。

ファクタリングの主なデメリット

スピーディに現金入手が可能なファクタリングですが、他の資金調達と同じく当然デメリットも存在します。

ここでは、ファクタリングのデメリットの中でも主要なものをご紹介しています。

・手数料は高めである

返済、そして利息などは掛からないファクタリングですが、売掛債権を現金化する際にファクタリング事業者に対して手数料を支払わなければなりません。

2社間・3社間でも異なりますが、初めてファクタリングを利用する際などは5%~20%の手数料がかかります。

つまり、実際に手元に入金されるのは売掛債権の80%~95%となるのです。

これは取引先の信頼性が元となっているため、売掛金を確実に支払うであろう大手・国の事業などが取引先の場合は手数料が低くなる傾向が見られます。

・取引先企業の承諾を得る必要がある

3社間ファクタリングでは、事業者・債権者・債務者の3社でファクタリングの取引を行います。

3社間ファクタリングの場合債務者(取引先)の承諾を得なければなりませんが、仮に債務者が拒否した場合ファクタリングを行う事は出来ません。

ファクタリング最大のメリットであるスピーディな現金化を重視するなら、2社間ファクタリングを選択するのが良いと言えるでしょう。

【まとめ】ファクタリングは資金調達手段の一つ

いかがだったでしょうか。

従来の手形割引に変わる新しい資金調達手段として注目を集めているファクタリング。

当然メリットばかりという訳ではありませんが、使い方によっては企業の強い味方になるのは間違いありません。

資金調達手段の一つとして、今後はファクタリングの利用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事